妊娠中にもできる

リフトアップのイメージ

女性ホルモンであるエストロゲンは、肌の調子を整えるために重要な働きを行っている。こうしたエストロゲンが減ってしまうと、吹き出ものが出やすくなり、肌が荒れてしまうのである。シミもできやすくなるので、このため肌を綺麗にする対策として、女性ホルモンの分泌を積極的に促す食物を食べるなどの対策を行なう人は多い。日常的なストレスを取り除くことも大事で、特に現代は女性が男性化しやすいということも言われていて、エストロゲンが少なくなり、シミや肌がカサカサになるなどの弊害も出やすくなってしまっている。なるべく規則正しい生活リズムを取り、シミやシワ、肌の老化を招かないようにしたいものである。

しかし、意識的に普段の生活リズムを取り、生活を整える事ができずにシミをできやすくしてしまうこともある。特に妊娠時にはそうしたストレスが取り去りにくくなってしまうものである。妊娠時は実はホルモンバランスも変化してしまうので、肌が敏感になりやすい。このため、シミが全体的に広がってしまうこともある。シミ取りのための美容外科は妊娠時には受けることができないので、なかなか取り去る施術を導入することもできない。シミを出来にくく、取り去りやすくするには、摂取する栄養のバランスを取り、体の中をできるだけ健康にすることが大事である。ビタミンCはシミを取り去る効果があるといわれているが、妊娠中になりやすくなる便秘を予防するためにビタミンCを多く含んだ野菜を取るのも一つの方法である。