レーザーを使う

キリッとした女性

シミ取りの技術は美容外科や皮膚科、エステや市販されている化粧品で体験することができる。その他にも、水分補給や日焼け防止など、化粧品で対策する方法は数多く提供されており、家庭で簡単に利用する事が可能となっている。しかし、組織を取り去るなど、直接的に肌に働きかけシミを取る施術は医療機関でしか体験することができない。

レーザーを使う技術は美容外科や皮膚科で施術されている。なぜ医療機関でなければならないのかというと、エステでは弱い光を使ってシミ取りをできるが、より強い光を当てることで即効性が感じられる技術を提供できるためである。劇的に人の肌を変えていくため、人体について広い知識を持ち、対応できるような医療機関でしか、レーザー治療は許されていないのである。シミ取りを希望する人は、濃いシミが肌に目立ち、気になるので取りたいという人が多い。広範囲で濃いシミを除去するには、やはり医療機関で提供しているようなレーザー治療が適切なのである。

レーザー治療でシミ取りがなぜできるのかというと、メラニンは強い光を当てるとそれに反応し白くなるためである。レーザーは肌を切らずに黒化したメラニンに届くので、肌の表面を傷つけない。肌全体に広がったシミを取り去るには、こうしたレーザー技術がとても有効的である。肌を切る必要も無いので、ダウンタイムも短く、すぐに日常生活に戻ることができる。

シミが目立ってきたと、美容部員さんにシミ取りの相談をするとコウジ酸配合の美白美容液を勧められます。しかし、値段が高い上に、長期で使わなければ効果が出ないので、効果が出るまでは購入し続けなければいけません。長期戦な上にお金がかかるのが美白美容液です。皮膚科や美容外科でシミ取りを相談すると、高濃度のビタミンCローションを勧められます。美白美容液よりは安価ですが、こちらも長期戦です。若い人や、まだ目立たないシミへ、日々の日課としてビタミンCローションを選ぶのは出来ても、続けなければ効果は出ません。シミの根は深く、外側からのケアでは肌の新陳代謝の関係で時間がかかります。新陳代謝の落ちる年齢では尚更時間がかかります。

シミ取りで、即効性を求めるなら皮膚科や美容外科でのレーザー治療が効果的です。箇所や広さにもよりますが費用は数千?数万円です。始めに、レーザーを当てるシミ付近をアルコールで拭き、麻酔の注射をします。その後、レーザーを当てます。ジューと音の後に焦げ臭い匂いがします。痛みは麻酔していますが、チクッとする程度です。それでシミ取り終了です。レーザーを当てた直後のシミの箇所は、皮膚が若干えぐれた状態でピンク色です。出血はしませんが、麻酔をしたのもあって腫れています。治療後は、紫外線に当ててはダメなので保護テープを貼ります。顔ならば、肌色もの物がいいでしょう。テープを3日ほどは貼ったままで過ごします。後に、カサブタになりますがムリに剥がさない事です。シミがあった部分が茶色くなったりしますが、炎症後の色素沈着で1年くらいかけて消えていきます。